アレルゲン検査

 現在、犬および猫の皮膚疾患の中で、アレルギーが関与した疾患が急増しています。
アレルギーの治療には、痒みを抑えるお薬を飲んだり、塗ったりする対症療法と、アレルゲンから回避する原因療法があります。
 これら2つの治療は、車で言えば両輪であり、どちらも欠かすことの出来ない治療法です。
原因療法であるアレルゲンからの回避のためには、アレルゲンを知る必要があります。
 当院では、下記のアレルゲン探索検査を実施しています。
アレルゲンを知ることで、動物の体質も含めて計画的なアレルギー治療を実施できることになり、お薬の長期使用による副作用を軽減することにもなります。
 このように、アレルゲンを知ることはアレルゲン回避の第1歩であり、治療のための大きなメリットになります。 DSCF0119.jpg

犬:
1. 生活習慣・環境の聴き取り
2. 食物除去試験および誘発試験
3. 皮内反応試験
4. アレルゲン特異的IgE検査
5. リンパ球反応検査
6. アレルギー強度検査
猫:
1. 生活習慣・環境の聴き取り
2. 食物除去試験および誘発試験
3. 皮内反応試験