はじめに・もくじ

犬や猫は7歳を越えた頃から老齢期と呼ばれますひらめき(大型犬は4歳頃から始まります)

幼若期に想像もつかないような身体的変化や、行動の変化が訪れます。

7歳ではまだまだ元気な子がほとんどですが、少しずつ表れてくる老化現象にビックリせず、

愛犬・愛猫の生活環境を見直してみてくださいわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい) 

あまり無理をしすぎないように、できるだけ心にゆとりを持ちながら過ごしましょう。  imageCA0XL04P.jpg

気になる症状があれば、ご相談下さい目 imageCA0XL04P.jpg

 

 

もくじ

かわいいいつからが老犬・老猫?

かわいい介護の心得

かわいい長生きのための7か条

かわいい環境の見直し

かわいい老化チェックNEWデコメ絵文字

いつからが老犬・老猫?

見た目は若い頃と変わらないのに、ペットの老化はゆっくりと進んでいます(´_`。)

犬や猫をヒトの年齢に換算する方法はいろいろありますので、あくまで目安としてご覧ください

猫、小・中型犬は8歳頃から、大型犬は6歳頃から老齢期が始まり、室内・屋外で飼っているかでも変わってくるようです。

 

動物年齢表.jpg

 

昔と比べ、医療やペットフードの発達によって動物の寿命は各段に伸びてきていますし、老化は一般的にいわれているよりもずっと遅くなっているように思います:*:゚・☆ヾ(・_・。)

老化の程度はその犬・猫によってそれぞれなので、健康診断を受けたり、よく観察をして対応してあげましょう目玉ハート 紫デコメ絵文字

 

 

介護の心得

介護の心得十箇条  tobira_flower_aq.jpg 

 

 

 

一、若い頃は癒し、支えてもらいました

     今度は飼い主様自身がペットを癒してあげると考えましょう

 

二、できる限り、今までと同じ生活を送らせてあげましょう

      手助けをすばする程、寝たきりになるのが早まります…

  

三、できるだけ生活の場を清潔にしてあげましょう

 

四、介護に手抜きが出来るところは、手を抜いても大丈夫です

 

五、『老化』は『進化』と考え、新発見を楽しみましょう甘えん坊になったりします

 

六、介護グッズは、工夫してできるだけお金をかけないようにしましょう

 

七、1人で抱えこまずに、相談できる人に相談をしましょう

 

八、後悔しない様、日々の生活を過ごしましょう

 

九、ゆっくり、のんびり向き合ってあげましょう、焦りは禁物です

 

十、ペットも飼い主様の事を大好きな事を忘れない様にしましょう

長生きのための7か条

大好きな愛犬・愛猫と1日でも長く一緒にいたいですよねハートデコメデコメ絵文字

健康で生活できるように、今からでも間に合う長生きの7か条をご紹介します!!

 

 

そのいちハートデコメ絵文字ワクチン接種・フィラリアの予防

防げる病気はしっかりと予防しましょう!!

ペットを飼う、基本中の基本です。

狂犬病ワクチンフィラリアについてご覧ください

 

そのにハートデコメ絵文字避妊・去勢手術

子供を産ませるつもりがない時は、是非避妊・去勢をしましょう。

望まない妊娠を防ぐ以外にも、避妊・去勢をするだけで防げる病気があります。

こちらをご覧ください

 

そのさんハートデコメ絵文字太らせない

肥満は万病のもと!!たくさんの病気のリスクが潜んでいます。

今からでも遅くありません!!!

太っている子は、今日からダイエットを考えてあげましょう。

こちらをご覧ください

 

そのよんハートデコメ絵文字正しい食生活

人間同様、動物の体は食べたものからできています。

バランスのとれた食餌を与えましょう。

こちらをご覧ください

 

そのごハートデコメ絵文字歯石をためない

ペットも歯が命!!

特に小型犬は歯石がつきやすく、心臓病などのリスクも高まってしまいます。

歯石がひどい時には、当院にご相談ください。

こちらをご覧ください

 

そのろくハートデコメ絵文字ストレスをためない

おもちゃを使ってあそんだり、お散歩へ出かけたり・・・

正しいコミュニケーションやしつけは、余分なストレスを減らすことができます。

飼い主さんと向き合う時間がストレス解消になるのかもしれません。

 

そのななハートデコメ絵文字定期的な健康診断

簡単な検診でも構いません。

具合が悪そうでなくても、7歳を過ぎたら定期的に診察を受けるようにしましょう。

 

 

ロイヤルカナンより…

環境の見直し

生活スペース

いぬデコメ絵文字床(地面)を滑りにくい素材を敷く

 次項有老齢になってくると、下半身から徐々に弱くなってきます。

   少し歩き方がぎこちなくなっていたと感じたら、床材を見直してみましょう

 

いぬデコメ絵文字段差にスロープを設置する、階段にはガードを取り付ける

 次項有若い頃は登れていたソファの上や、階段に登れなくなってきます。無理をさせすぎない様に工夫してあげましょう

 

いぬデコメ絵文字トイレを動物が生活する場の近くに設置する

 次項有トイレが生活スペースから遠いと、トイレに辿り着くまでに漏れてしまうことも・・・

  もちろん、オムツを着けるのも良いですが、ペットが受け入れてくれないこともあります。

  お外でしかトイレができない子は特に困ったものです!!

  若い頃から、生活スペースでもトイレができる様な訓練をしておくことをおススメします。

 

いぬデコメ絵文字急激に家具の配置換えをしない

 次項有老齢になると、徐々に白内障などで視力が低下してきます。

  若い頃から慣れた生活スペースでは、万が一目が見えなくなっても上手に歩き回ることができます。

 

食生活

いぬデコメ絵文字食事の内容を変更する

 次項有高齢期用の、嗜好性が高く消化の良い食事を与えましょう。

  但し、特別療法食を食べている子は必ず獣医師に相談してください。

  食欲が出ない時には、お湯でふやかしたり、缶詰を電子レンジで温めてあげてみましょう

 

お手入れ

いぬデコメ絵文字ブラッシング・シャンプーをする(体調の良い時)

 次項有清潔を保ちましょう。

  但し、シャンプーはかなりの体力を使うので、部分的に洗うなど疲れさせない程度にしてあげましょう。

 

いぬデコメ絵文字爪切り・足の裏の毛を刈る

 次項有爪が長かったり、足の裏の毛が伸びていると歩くときに滑りやすくなるので、伸びたらカットしてあげるようにしましょう。

  当院でもできますので、お気軽にお申し付けください。

 

その他

いぬデコメ絵文字散歩をする

犬にとっての散歩は、運動であると共に気分転換であり、情報収集の場、そして飼い主さんとのコミュニケーションの場でもあります。

例え寝たきりになったとしても、体調を見ながら外へ連れ出してあげましょう

老化チェック

見た目はいつまでも可愛く、飼い主さんにとってはいつまでたっても子供のような存在だと思います。

これからも健やかに過ごしていけるように、老化のチェックをしてみましょう(^U^)

チェックが1つでも当てはまれば、生活環境の見直しをしてあげてください:*:゚・☆ヾ(・_・。)

これらのサインは、老化だけでなく病気が原因となっていることもありますので、おかしいなと思ったらご相談ください。

 case_dog.gif

 

 

 

 

□来客があったり、雷や騒々しい音がしても反応しなくなった

□それまでは決まった場所で寝ていたが、家族のそばで寝たがるようになった

□他の犬・猫に興味を示さなくなった

□散歩には行くが、あまり喜んでいる様子がなくなった

□食欲が低下してきた、食べ物に興味を示さなくなった

□逆にすごく食べものに執着し、いくら与えても物足りなさそうにするようになった

□トイレを失敗するようになった

□トボトボと歩くようになった

□動きが鈍くなり、寝ていることが多くなった

□階段の上り下りがしづらくなったas-15kosumosu.jpg

□足を上げて尿ができなくなった

□顔の毛が白くなる、毛の色が薄くなった

□毛の伸びが遅くなった

□できものができやすくなった

□動いてるものを目で追わなくなる、暗い場所で物にぶつかることが多くなった

□呼びかけても反応しなくなった(耳が遠くなった)

□口臭がきつくなった