糖尿病

今回のテーマは糖尿病です

ヒトだとよく聞く病気ですよねニコちゃんデコメ絵文字

実はわんちゃん・ねこちゃんも糖尿病になるんです!デコメ絵文字

 

糖尿病って?デコメ絵文字

すい臓で作られていて糖の代謝に関係しているインスリン

このインスリンが何らかの原因で働きが悪くなり、糖が有効に使われず、さまざまな不調を引き起こします

血液中の糖の量が増えてしまい余った糖が尿に捨てられるので、この病気では必ず尿から糖が検出されます

 

糖尿病のタイプ

女の子デコメ絵文字ヒトの場合女の子デコメ絵文字

ヒトの糖尿病は大きく分けてT型とU型があります

・T型とは電球デコメ絵文字

インスリンを作るすい臓のβ細胞が破壊されインスリンの分泌が欠乏し、

絶対的なインスリンの不足により起こる糖尿病です

治療にはインスリンの投与が必要になります

かつては「インスリン依存性糖尿病」と呼ばれていました

・U型とは電球デコメ絵文字

インスリンを作ることはできます

肝臓や筋肉などの細胞がインスリンの働きをあまり感じなくなり、

インスリンが効きにくくなるために、糖がうまく取り入れられなくなって起こります

安静時のインスリンの濃度は正常だったりむしろ上昇したりするため、

インスリンの投与をあまり必要とはしません

食べ過ぎや運動不足、肥満などの生活習慣が関係してると考えられます

かつては「インスリン非依存性糖尿病」と呼ばれていました

 

<わんちゃん・ねこちゃんの場合ねこデコメ絵文字>

わんちゃん・ねこちゃんの場合、糖尿病の原因や病態がはっきりしない事が多く、

ヒトのように明確には分類されていません

わんちゃんはT型、ねこちゃんはU型に近いものが多いとされています

わんちゃんもねこちゃんも中年〜高齢に多くみられ、

わんちゃんではメスがオスの約2倍発生が多く、発情に伴う性ホルモンが影響していると考えられています

ねこちゃんでは去勢したオスに多く、肥満になりやすいことが関係しているといわれています

 

症状は?デコメ絵文字

・多飲多尿トイレデコメ絵文字

インスリンが不足することによって血液中の糖が吸収されずに尿に捨てられます

その際に水も一緒に捨てるので尿の量が増え、体の水分が不足し喉が渇いてたくさんの水をのみます

・体重が減るさげー↓↓デコメ絵文字

インスリンが不足すると、細胞内にある糖を取り込めなくなります

そのためエネルギー源がなくなり、肝臓や筋肉、脂肪などが蓄えていたエネルギーを使うようになります

それによって痩せてきます

・よく食べる食べるデコメ絵文字

インスリン不足により、糖が効率よくエネルギー源として利用されないため、常に空腹感があって食欲が増します

・その他

白内障

水晶体のなかの糖が増えることで浮腫が起こり白くなります

わんちゃんでみられる症状でねこちゃんではまれです

糖尿病性神経障害(ニューロパシー)

末梢神経機能の低下によりかかとを地面につけて歩行する蹠行姿勢がみられます

その他には元気消失、下痢、嘔吐など

 

治療は?デコメ絵文字

インスリン療法注射器デコメ絵文字

わんちゃんではほとんどがインスリンの分泌機能が失われているので、

インスリン療法が必要となります

ねこデコメ絵文字ねこちゃんでは食事療法での治療で改善するものもありますが、

長期的に高血糖が続くとインスリン分泌が阻害されインスリン療法が必要となる場合もあります

 

注意デコメ絵文字インスリン療法の注意事項注意デコメ絵文字

インスリンのお注射は飼い主さんに自宅でしていただきます

もっとも注意していただくことは、低血糖です

インスリンの間違った投与量や投与間隔、食欲低下や嘔吐などの状態の悪化に気づかずに投与して起こります

症状としては、インスリン投与後3〜6時間後に元気消失やぐるぐるまわったり変な声で鳴いたり、虚弱、けいれんなど

対処法としては、食事を与える、シロップやハチミツをなめさせる応急処置をしていただきます

 糖尿病の療法食.jpg

食事療法食事デコメ絵文字

食事療法は糖尿病の治療で非常に重要です

食事療法によって高血糖の状態である時間をなるべく短くしたり、

血糖値の変動をなるべく小さく抑えることができます