犬と猫の中毒

飼い主さんが食べ物を食べていると、そばに寄ってきて「ちょうだい…」とかわいい顔でアピール(´∀`)

ついついあげたくなってしまいますが、人が食べても大丈夫でもワンちゃんネコちゃんが食べてしまうと最悪の場合、死に至るような食べ物があります。

食べてはいけない食材を知っていても、なぜ中毒になるのか?もし食べてしまったときにはどうなるの?と知らない方も多いと思います。

 

 タマネギ.bmp

猫チャンデコメ絵文字 犬デコメ絵文字タマネギ中毒

有名なタマネギ中毒!

タマネギはネコちゃんもワンちゃんも誤って食べてしまえば中毒症状を起こす危険があります。

加熱しても毒性は残るので、ハンバーグや野菜炒めも与えてはいけません!!又、個体差はありますが、わずかな欠片やだし汁などでも中毒を起こすことがあります

 

<原因>

タマネギや長ネギ、ニンニク、ニラなどに含まれるアリルプロピルジスルファイドという成分が、赤血球を破壊することによって急性の貧血や血尿を引き起こします。

重篤であれば、死に至ることも…

発症は食べてすぐではなく、1日〜数日かかります。

 

<症状>

□血尿     □目の結膜が白くなる 

□嘔吐     □貧血

□下痢     □黄疸

 

<どれだけ食べると症状がでるのか??>

1kgあたり15〜20gを超えると危険です。

しかし、上記したようにタマネギのだし汁をなめただけでも中毒を起こしてしまう子もいます。

※個体差があるので、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけでも重篤になってしまう子もいます。

 チョコ.bmp

 

猫チャンデコメ絵文字 犬デコメ絵文字チョコレート中毒

こちらも有名どころの、チョコレート中毒!

チョコレートもネコちゃんもワンちゃんも誤って食べてしまえば中毒症状を起こす危険があります。

『チョコレート中毒』はカカオが含まれていない、イチゴチョコレートなどでは起こりません。

(胃腸障害は起こる場合がありますが)

特にワンちゃんは甘いものが大好きなので、見ていない間に食べてしまった!ということも少なくありません…

 

<原因>

チョコレートに含まれるカカオの成分であるテオブロミンによって中毒を引き起こします。

ワンちゃん・ネコちゃんはテオブロミンを上手に排出することができないことが問題です。

なので、カカオの含有量の高い、ビターチョコレートほど危険となります。

又、テオブロミンはコーラやお茶にも含まれています!!

食べて4時間以内に発症し、3日ほど続くことがあります。突然死をを引き起こすことも…

 

<症状>

□嘔吐    □不整脈

□下痢    □震え

□発熱    □痙攣

□興奮    □発作

 

<どれだけ食べると症状がでるのか??>

1kgあたりの致死量は、テオブロミン250〜500mg。

  100g中に含まれるテイブロミン量
ミルクチョコレート 155mg

スウィートチョコレート・ダークチョコレート

460〜650mg
ベーキングチョコレート 1300〜1600mg
ココアパウダー 500〜2100mg

 

例えば…10キロのワンちゃんがスウィートチョコレートを100g以上食べると重篤になる可能性があるということです!!

※個体差があるので、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけでも重篤になってしまう子もいます。

 

 

ガム.jpg

犬デコメ絵文字キシリトール中毒

数年前から有名になってきたキシリトール中毒は、ワンちゃんが誤って食べてしまうと中毒症状を起こす可能性があります。

キシリトールと言えば虫歯になりにくくするという効果があり、人用の歯磨き粉やガムなどに配合されています。

なら、犬も虫歯にさせない為に良いのでは??と思いますが、そもそもほとんどのワンちゃんは虫歯になることはありません!!

又、イチゴやレタスにも含まれています。

 

<原因>

人では影響を与えないはずのインスリン(血糖値を下げるホルモン)の分泌が、犬がキシリトールを摂取すると強烈に起こります。体内に十分な糖がないのに、インスリンが大量に分泌されると血中の糖分が下がり、低血糖を起こしてしまいます。

低血糖とはとても恐い状態で、重篤のまま無治療にしていると死んでしまうこともあります…

又、肝障害を起こすこともあります。

食べた後に嘔吐が見られ、30〜60分に低血糖の症状を示します。

 

<症状>

 □嘔吐    □虚脱

□痙攣

 

<どれだけ食べると症状がでるのか??>

 1kgあたり、0.1g摂取するだけでも重篤な症状が起きる危険性があります。

人用のガムの1粒あたりの含有量は、1.37〜0.2gと様々です。

 

例えば…ロッテのXYLITOL ライムミント(右上写真) 

     キシリトール含有量:ガム1粒あたり0.643g

5sのワンちゃんが1粒食べるだけでも大変危険なことが分かると思います!

※個体差があるので、大量に食べても症状が出なかったり、少量食べただけでも重篤になってしまう子もいます。

 

 

猫チャンデコメ絵文字犬デコメ絵文字レーズン中毒NEW デコメ絵文字
チョコレートやネギ中毒に比べるとややマイナーで知らない方も多いようですね。

実際にこの中毒が報告されたのは1999年以降のようです。
しかしこのレーズン中毒。実はネギやチョコレートに劣らぬくらい危険な中毒です!
この中毒になると3〜5日後に「急性腎不全」と呼ばれる状態になることがあります。
これはブドウの成分(まだ詳しい原因物質は不明)により腎臓の尿細管という組織が壊死してしまう為といわれています。

 

 

 

〈ブドウを食べてしまった場合は?〉
 ・食べた直後なら吐かせる
 ・その後、血液検査で腎機能の確認
以上の処置が必要になります。
その上で腎不全が起きていた場合は点滴や利尿、症状が重ければ透析が必要になってきます。


こちらの中毒も体質などによって症状が出る子と出ない子がいるようです。
しかし急性腎不全は症状が進むと治療が非常に難しく命に関わる事も多いため、怪しいと感じたらすぐ動物病院に連れて行ってあげてください。

 

 

 

 猫チャンデコメ絵文字犬デコメ絵文字カフェイン中毒NEW デコメ絵文字

犬が紅茶葉を大量に食べて死亡してしまったという話もあります。
これは茶葉に含まれるカフェインを大量に摂取してしまったことによるカフェイン中毒が原因です。

特にカフェインと言えばコーヒーというイメージがありますが、実は日本茶にも多くのカフェインが含まれています。
特に茶葉をそのまま使うような抹茶・紅茶はかなりのカフェイン量だそうです。

 

<症状>

・飲んだ後1〜2時間後に落ち着きがなくなり、呼吸が荒くなる→興奮状態に

・尿失禁や嘔吐、下痢

・ふらつき

・ひどい場合は、けいれん、筋硬直、呼吸不全、こん睡→最悪の場合死へとつながることも

 

 

<どれだけ食べると症状がでるのか??>

個体差によって大きく異なるのですが、一般的に言われている量は、体重1kgに対してカフェイン100〜200mgで危険な状態になるといわれています。
興奮状態や気分が悪くなるなどの症状については、人間の場合出る人によっては少量でも出るように犬の場合についても同様のことが言えます。

体重1kgに対しカフェイン20mg程度から出る場合もあります。
(個体差によってこの量以下でも症状が出ることはあります)

 

 

〈100ml中に含まれるカフェイン含有量〉

  • インスタントコーヒー 45mg
  • エスプレッソコーヒー 280mg
  • ドリップコーヒー 90mg
  • 缶コーヒー 34〜90mg程度
  • ・紅茶  20r

    ・緑茶  20r

    ・抹茶  30r

    ・コーラ 10r

    ・栄養ドリンク  50r

     

    一般的に危険な量といわれる量は、体重5kgの犬の場合インスタントコーヒーの場合ですと、220〜440ml程度ということになります。
    といっても、これはあくまでも目安ですのであたえないでください!

     

     

     

    焦るクマデコメ絵文字日頃から気を付けましょう!

     低い机の上など犬が届いてしまう場所や、床に置いたかばんの中、ゴミ箱の中等・・・
    犬に届くところ、特に鼻先が届くところに物を置くと、ご自慢の嗅覚と好奇心で犬はすぐに探し出してしまいます。

    かばんに入れたお薬やフードを誤食する事故も増えます。

    かばんを開けて置いておくと犬も中身をくわえやすいので、犬のかばんはチャック付きのものにするなど対策も必要です。

    特に12月から3月頃まで多く発生する傾向がみられます。これは、クリスマスやお正月、バレンタインなどで、パーティーや来客が増える事が原因となっていることが多いようです。

    犬猫に慣れていない来客が人の食べ物を与えてしまったり、忙しく過ごしているうちに事故が起きてしまったりなど、普段の生活との少しの変化が誤飲事故に繋がっていることもあります。


    うちの犬は誤飲なんてしないだろう、という自信が事故に繋がってしまいます。
    注意したら防げる事故ですので、どうか気を付けてあげてください!

     

     

    焦るクマデコメ絵文字もし食べてしまった時の対処法は??

    @いつ

    Aなにを

    Bどれだけ 

        食べてしまったのか確認して、すぐにご来院ください!!

     

    食べてすぐであれば、食べたものを吐かせるような処置ができます。

    食べて時間がたっている場合は、血液検査などをした後輸液などの処置に入ります。